医師 紹介会社

医師は紹介会社で決まる!成功例と失敗例から学ぶ!大幅年収アップ就職の秘訣!

医師失敗例(紹介会社を上手に利用出来なかった) 

 

医師の就職でも失敗例はたくさんあります。たとえば勤務時間です。勤務時間を出来るだけ少なくして働きたいと思っても、実際に働いてみると休日出勤や残業が沢山あったということは医師の転職でも多いはずです。その為本当に信頼が出来る転職サイトを通しての転職が一番といえるでしょう。将来のスキルアップのためとして働きたいと思ったとしても、全然スキルアップできなかった、今まで以上の知識を身に着けることが出来なかったり資格取得をする時間がないという場合もあります。これらも転職活動をするうえでとても大切なことでしょう。また、転職の失敗は転職活動をメールのみなど簡単なやり取りのみで済ませてしまう場合が多いみたいです。医師の転職活動は医師免許を持っていれば面接ナシで受かる場合もあります。しかしその場合はよほど人手不足であったり新しい職場の調査不足になってしまう可能性も高いでしょう。ほかにも求人数が多いからと安心して紹介会社を選んでしまって転職に失敗したという人もいます。医師の場合は紹介会社選びから始まると言っても過言ではありません。紹介会社選びは慎重に行うようにしたほうが良いでしょう。

 

 

医師成功例 (紹介会社を上手に使えた)

 

医師の就職で成功した例はたくさんあります。たとえば20代の場合はスキルアップ、給与アップを目指す医師が多いでしょう。将来的にスキルアップ出来る職場、産業医師として働ける職場、オペ経験を沢山詰める麻酔科専門医としてのスキルも取得できる職場などたくさんあります。初期研修を修了した後、自分の本当に働きたい道を見つけることが出来る人も多いでしょう。その為20代医師が紹介会社を利用する事は少なくはありません。30代は、Uターン、結婚、キャリア等本格的に将来のことを考えての転職をする人が多いはずです。こちらもきちんと将来のことを考えて転職先を選ぶことで、本当に自分に合った生活スタイルで働くことが出来るのではないでしょうか。紹介会社のおかげで将来のビジョンが見えたという人や働きやすくなった、将来性を見いだせるようになったという人はとても多いです。40代になってくるとベテラン医師としてやりがいや自分の時間を優先した職場を見つける人も多いでしょう。本当に働きやすい環境を見つけることが医師にとっての成功例だと言えます。
この時大切になる事が紹介会社選びです。
医師転職ドットコム、エムスリーキャリアなど大手で医師専門の紹介会社に登録するだけで、専任のコンサルタントが医師に合った求人を紹介してくれます。
医師の就職で成功した人のほとんどは、紹介会社の非公開求人を上手に利用出来た人たちです。
紹介会社に複数登録する事は大切なファーストステップと言えるでしょう。

 

 

年収アップする医師の特徴は紹介会社選びにあった!

 

 

年収をアップさせるためには情報収集が欠かせません。そのためには紹介会社を上手に利用する必要があります。医師は忙しいかもしれませんが、それでも良いところに転職したいと思う人が大半です。しかし良い求人は限られていますし、年収が良ければよい程激務という場合も多いでしょう。その為、年収アップかつ良い就職先を見つけるためにはたくさんの情報を収集する必要があります。最近は知人の医師から情報を聞いて就職活動を行う医師は減ってきました。なぜなら医師専用の紹介会社が充実してきたからです。紹介会社には医師専用の転職サイトであれば、医師の求人がたくさん掲載されています。もちろん年収や地域、働き方など自分にあった就職先を見つけやすいでしょう。しかも紹介会社によってはコンシェルジュがついて自分の転職をサポートしてくれ場合が多いのです。たとえば年収を重視したい場合は自分の希望年収に沿った求人をコンシェルジュが探して提供してくれます。これなら自分は希望の年収の求人からその他の要項を考え就職先を選ぶだけなので、時間がなくても良い求人の情報をたくさん手に入れることが出来るでしょう。

 

 

医師が就職する時に年収以外に優先したい事は?

 

就職というと年収を重視しがちですが医師の就職はそういう訳ではありません。たとえば、年収よりも拘束時間の短さを優先して転職先を探す人も多いでしょう。基本的に医師は多忙です。夜勤もありますし休日出勤もあります。しかし年収よりも時間の自由を優先して働きたい人や忙しくない病院や非常勤としての働き方を選択する人も多いのではないでしょうか。普通の勤務医でも、夜勤なし、休日出勤なしなどを重視して活動を行う人も多いでしょう。また、将来的に開業を考えるための転職をする人も多いのではないでしょうか。働きながらノウハウを学ぶことが出来る病院を転職先に選ぶ人も多いでしょう。大きな病院よりも小さな病院の方が開業したときに役立つ知識を身につけることが出来るかもしれません。キャリアアップを重視した就職活動をする場合は、将来的なキャリアアップが出来たり資格取得可能な転職先を選ぶでしょう。また、ふつうの転職と同じく人間関係に疲れた人が人間関係を重視する場合もあります。このように年収以外にも優先したい項目はたくさんあります。年収の交渉だけではなく、自身が思い描いている転職を紹介会社に伝える事は非常に大切です。